施工実績

ヴェルファイア シートリペア

こんにちは。 今日は、曇で寒く感じます。天気は下り坂のようですね。

今日のご紹介は、ヴェルファイアのシートリペアです。

v000

そして、お傷は助手席の背もたれの角ですね。

縫製はほつれて、カッターで切った跡があります。

先ずは、縫製のほつれを直していきます。

v001

 

v002

そして、穴の部分は接着剤と、パテを駆使して埋めて、面を整えて行きます。

塗装前の状態になりました。 不安に感じますね。

v003

色を乗せたら施工終了です。

綺麗に仕上がりましたね。 ご依頼のO様も、ご満足です。

O様、ありがとうございました。

v004

2015.11.21

ベンツ ゲレンデ シートリペア

こんにちは。 今日はいい天気に恵まれました。

今日のご紹介は、ベンツ ゲレンデのシートリペアです。

g000

お傷は、運転席のシートの摺れですね。

ステッチと色が異なりますので、少し複雑なマスキングを駆使してリペアが

必要ですね。

g001

施工すること、1時間弱、綺麗に仕上がりました。

ご依頼のO様も大変、ご満足です。

O様、ありがとうございました。

g002

2015.11.20

ポルシェ カイエン シートリペア

こんにちは。 今日も、天気が今一つですね。

今日のご紹介はポルシェ カイエンのシートリペアです。

近くから見ると、大きな車ですね。

cay003

そして、お傷はシートの引っかき傷ですね。

cay004

パテは使わず、軽くペーパーを当てて、塗料をすり込み、面を整えました。

そして、色を作って、軽く乗せて行き、施工終了です。

後部座席も同じ様な傷がありましたが、1時間程で施工終了です。

ご依頼のN様もご満足です。N様、ありがとうございました。

cay005

2015.11.08

キャラバン シート タバコの焦げ穴リペア

こんにちは。 今日もいい天気に恵まれそうですね。

今日の施工のご紹介は、キャラバンのシート タバコの焦げ穴のリペアです。

car000

 

大きなお車ですね。 以外と街中では、ドレスアップして走っている車が多いですね。

そして、お傷はこちらです。

car001

助手席の座面にポッカリ穴が空いてしまっています。

中のスポンジまで深く焦げてしまっていますので、スポンジを作り直し表面を

平にしていき、そして、リペア用の生地で、裏打ちして前処理終了です。

この時、写真を取り忘れました。すみません。

そして、ファイバーで、色を作り、接着剤を散布して、ファイバーを降りかけて、施工終了です。

綺麗になりましたね。ご依頼のI様ご夫妻も、大満足です。

I様、ありがとうございました。

car002

2015.10.19

フェラーリ348 シートリペア

こんにちは。 今日もいい天気に恵まれました。 昨日の午後は、グランベリーモールへ行ってきました。 下の娘の洋服を先日買ったのですが、サイズが少し小さいので、交換です。

せっかく来たのですから、嫁さんに、カバンをプレゼントです。(*^_^*) 女性はカバンが好きなんですね。

さて、今日のご紹介は、フェラーリ348のシートリペアです。

ほれぼれするデザインですね。

348000

そしてお傷は背もたれのサポート部ですね。

摺れはさほどありませんが、細かく、浅いひび割れが入ってしまっています。

348001

脱脂して、軽くペーパーを当てて、パテでヒビ割れを埋めて、面を整えていきます。

40分程で、施工終了です。

綺麗になりましたね。 ご依頼のE様もご満足です。

E様、ありがとうございました。

348002

2015.10.08

アウディ A6 シートリペア

こんにちは。 今日もいい天気に恵まれました。

今日のご紹介はアウディ A6のシートリペアです。

近くのディーラー様での出張リペアですね。

a6000

 

そして、お傷は座面と背もたれのサポート部分です。

僅かですが、摺れがありますね。

a6001

軽くペーパーを当てて、パテで、面を整えて、色を乗せて行きます。

40分程でしょうか? 施工が終了です。

綺麗になりましたね。 ご依頼のE様からも一発OKです。

E様、ありがとうございました。

a6002

2015.10.07

ポルシェ ケイマン シートリペア

こんにちは。 今日もいい天気になりました。

今日の御紹介は、ポルシェ ケイマンのシートリペアです。

key000

黒いボディーで、かっこいいですね。

お傷は、シートですね。アルカンターラの部分と、レザーの部分に

またがって、焦げ穴が出来てしまっていますね。

とても施工し難い場所です。

key001

拡大するとこんな感じです。

key002

まずレザーの方を片づけて、次にアルカンターラの場所を施工しました。

施工は概ね1時間半程ですね。綺麗に仕上がりました。

ご依頼のG様も、一発OK。

G様、ありがとうございました。

key003

2015.09.29

フェラーリ 458イタリア シートリペア

こんにちは。

今日は一日雨模様の天気ですね。(>_<)

さて、今日のご紹介は、フェラーリ 458イタリアのシートリペアです。

このお車、いつまで見ていても飽きないデザインですね。

458000

横からもパチリ。

458001

そして、お傷はシートのパイプラインですね。

背もたれ、座面ともに、摺れてしまって色も落ちてしまっています。

458002

ペーパーとパテでパイプラインの面を整えて、色を乗せて施工終了です。

綺麗になりました。

ご依頼のS様、ありがとうございました。

458003

2015.09.25

ポルシェ シートリペア

こんにちは。 今日も過ごしやすい天気になりました。

さて、今日の施工のご紹介は、ポルシェのシートリペアです。

pol000

運転席側のシートをお客様から預かってきました。

乗り降りする側の背もたれ、そして座面が痛んでいますね。

そして、ご自分で色を塗ったような痕跡が確認できますね。

pol001

 

ペーパーと、パテで、面を整えて、板塗りにグレー色の塗料を塗装していきます。

赤色系の色は、下の色を隠ぺいし難いため、この下塗りがとても大切なんです。

pol003

そして、予め作成しておいた調色済みの色を少しずつ乗せていきます。

綺麗に仕上がりましたね。

ご依頼のN様も大変ご満足です。

N様、ありがとうございました。

 

pol004

 

2015.09.21

レクサス RX タバコ焦げ穴のリペア

こんにちは。

今日は風があるせいか、比較的過ごしやすいです。

さて、今日の施工のご紹介は、

レクサス RX シートのタバコの焦げ穴のリペアです。

こちらのお車、とても綺麗に乗られていますね。

rx000

そして、お傷は運転席の座面です。分かりますか?

rx001

拡大するとこんな感じです。

シートは、パンチングシート、そしてかなり深くまで穴が空いています。(>_<)

今回は、写真を細かく撮りながら施工しましたので、施工途中が良く分かりますよ。

rx002

 

まず、シートの座面を脱脂クリーニングした後、革の穴の周辺の劣化した部分をテーパー状にカットしていきます。

テーパーにカットしないと、後から表面を整えるパテの密着が悪くなります。

rx003

そして、難燃性のウレタンを穴の深さに合わせて制作していきます。

rx004

次に穴の中に接着剤を充填して、ウレタンを入れ、形を整えていきます。

この時、ウレタンの面の高さが、低すぎても、高すぎてもいけません。

下の写真は、いい感じに埋まってくれました。

rx005

次に裏打ち用のリペアの布を制作します。このリペアシートの役割は、座面がずれても、ウレタンの表面を滑らせて、リペア部に負担がかからないようにするためなんです。

このシートの裏側には、滑りがよくなるように、一工夫してあるんです。

rx006

このリペアシートを革の裏側にすべり込ませて、位置を合わせていきます。

この工程は慣れるまで、結構大変ですね。私は三つ折りにして挿入していきます。

rx007

次に、革の裏側と、リペアシートを接着するため、パテを用いて隙間がないようにパテを入れていきます。

rx008

今回は、高温タイプのパテを使用しました。

下の写真は、隙間にパテを充填終了した状態ですね。

rx009

そして接着するため、アイロンを使用して硬化させていきます。アイロンは、直接当てず、耐熱シーートを介して行います。加熱時間は、ゆっくりと5秒程ですが、周井の気温も考慮して加熱していきます。

rx010

以上が裏打ちの工程となり、次は表面を整える作業ですね。

革の厚みの分、凹みがありますので、ここもパテで、面を整えて行きます。

マスキングテープが貼ってあるのは、必要の無いパンチングの穴まで、パテが回らないようにガードしておくためです。

rx011

そして、表面には、何回かに分けて、パテを盛り、硬化させていきます。

このパテは優れモノで、半キュアの状態では、ペーパーで削ることが出来て、とても便利です。面を出す時や、穴を開ける時は、半キュアの状態でなければ加工することが出来ません。

rx012

この状態で、私はアイロンを使わず、ヒートガンで、半キュアな状態まで加熱していきます。

rx013

上の写真のように、艶が消えた状態が半キュアな状態です。この状態から、ペーパ-を当てて、面を整えて行きます。

rx015

綺麗に面が整いました。そして大事なパンチングの穴をルーターと、楊枝を使用しながら慎重に開けていきます。

rx016

穴の部分を少し細かいペーパーで、バリを取り除き、本キュアして表面の加工は、終了ですね。

ここまで、約1時間の作業です。

後は、再び脱脂して、塗料の色を調色して、すり込み(本塗装前に必要な量の塗料をのせて行く工程)を行います。

rx017

そして、最期の仕上げはスプレーガンを使用して色を乗せて、色、艶ともにずれがないか、確認していきます。

rx018

綺麗に仕上がりましたね。 穴がどこにあったか、わかりません。

目線の距離から見るとこんな感じです。

rx019

まったく、わからなくなりました。

ご依頼のN様も、びっくりです。 とても喜んでいただけました。

N様、ありがとうございました。

 

2015.07.18

4 / 512345